持続可能な未来をつくる
『HAPPY EARTH|ハッピーアース』

SDGs(Sustainable Development Goals)を推進し、HAPPYな地球を。HAPPYな未来を。

持続可能な未来をつくるべく、「私にもできるSDGs」をキーワードに、地球や環境にやさしい取り組み、商品など、生活の中で実施できる「SDGs(持続可能な開発目標)」を拡めていく、『HAPPY EARTH|ハッピーアース』。

SDGs

「私にもできるSDGs」

女性のエンパワメント推進と社会活性化を目的に活動している「HAPPY WOMAN®︎」は、世の中の消費の鍵を握る女性たちが「SDGs」を理解し、興味を持ち、アクションに繋げることで持続可能な未来をつくる大きな力になると考えます。

女性の認知率と参加率アップがSDGs推進・持続可能な社会実現において重要なファクター

HAPPY WOMANではビジネスだけでなく、暮らしやライフスタイルにもSDGsを浸透させ女性の認知度や参加度をアップしていきます。

【環境配慮型日焼け止め】
ハッピーアースサンブロック

地球にもサンゴにも身体にも優しい環境配慮型 オーガニック日焼け止め
〜バイオディグレーダブル:生分解性成分配合〜
[ ハッピーアースサンブロック ] 日本製

HAPPY WOMAN実行委員会では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や海洋プラスチック問題、気候変動など、未来に対する不安が増加する中、SDGs(持続可能な開発目標)推進において、女性の認知率と参加率アップが持続可能な社会実現において重要なファクターと考え、「私にもできるSDGs」をキーワードに、日々の生活の中で貢献できる具体的な行動に繋げる『HAPPY EARTH(ハッピーアース)』プロジェクトを2019年より開始しました。

最初に注目したのが、パラオやハワイで法案が成立されているサンゴ礁に有害とされる成分の含まれる「日焼け止め」の販売や流通の禁止のニュース。パラオ政府は2020年1月1日から、サンゴ礁に有害な10種類の成分を含む日焼け止め製品のパラオへの輸入、販売及び持ち込みが禁止されました。また、ハワイでも、有害とされるオキシベンゾンとオクチノキサートという2つの成分が含まれている製品について2021年から販売と流通を禁止を予定しています。

パートナーシップでこれらの課題解決に取り組むべく、健康や環境配慮に敏感な女性たちの声を中心に、環境配慮型の日焼け止めの開発を2019年からスタート。今後はご賛同いただけるパートナー企業と共に、流通の拡大を目指していきます。